第12回薬事勉強会「広告、表示、景表法について」

医薬品医療機器等法(旧薬事法)関連業務に
関心のある会員が集まって、
自主的な勉強会を行っており、
今回で12回目をむかえます。

5月の勉強会では、

「広告、表示、景表法について」

化粧品の事例を中心に行う予定です。

日時:5月15日(水)18:00開場 18:10~19:30

ZOOMで行います。

【内容】

化粧品メーカーのお客様、薬事担当の方が一番悩みを抱えているのは「広告」かもしれません。

私の顧問先からも、広告に関する相談が沢山寄せられます。

他社に負けないよう販売していくには、訴求力のある広告が重要ですが、

化粧品の広告には様々な規制があります。

この規制を知らないで、法令違反となったときの影響は計り知れません。

また、法定表示についても、薬機法だけでなく、公正競争規約施行規則も理解し、

細心の注意を払って表示する必要があります。

実際、表示の不備による回収事例も多々出ております。

回収リスクをできるだけ減らすためにも、広告、表示、景表法の知識は最低限抑えておく必要があります。

化粧品の許可取得後にとても大事となる、

「広告、法定表示、景表法の規制」についてもしっかりと知識を深め、

お客様に何をどのようにご提案していくのか・・

支援者としての在り方についてもディスカッションできれば・・と自主勉強会を実施いたします。

【内容】

1 化粧品広告規制の概要

2 薬機法

3 適正広告ガイドラインの概要

4 法定表示とは

5 景表法について

6 違反・回収事例

7 広告ポリシーを構築するために

【申込み方法】

https://www.reservestock.jp/events/342851

上記から必要事項を入力してくださいね。

本人確認のURLクリックであったり、

ペイパル決済など多少お手数おかけしますが、

どうぞよろしくお願いします。

【今後の予定】
今後は奇数月の第3週水曜日に行っていきます。
7月17日(水) QMS省令とISO13485
9月18日(水) HACCP義務化 現状と対策

を予定しております。

他にも以下のテーマがまだ残っておりますし、
皆様からのテーマを募集しておりますので、
ご希望どんどんお寄せ下さいませ!
アンケートはこちらから!
https://goo.gl/forms/tGRoOlWzXurpy9S82

【今後取り上げるかも・・テーマ】
販売業(医薬品・医療機器)
ソフトウェア(プログラム医療機器)
コンビニの医薬品(薬局とドラッグストア)
自作化粧品(化粧品製造)
営業方法
外国人がOEMしたいケース
体外診断用医薬品
再生医療等計画

それでは皆様のご参加をお待ちしておりますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

この記事を書いた人

アバター

行政書士 石井亜由美

薬事、建設業の各種許可申請・QMS・ISO等でお困りでしたら、お気軽にご相談ください

現時点で課題が漠然としていても構いません。「どこに、どんな風に相談して良いか分からない」という企業様の支えになることが弊所のモットーです。一緒に課題解決の方向性を見つけていきましょう。